生態系のバランスが崩れると人間の暮らし

地球上にいる生物の絶滅速度を知っていますか?

1億年前 → 1000年に1種類が絶滅
1万年前 → 100年に1種類
1000年前 → 10年に1種類
100年前 → 1年に1種類
1975年 → 1年に1000種類

現在 → 1年に 40,000種類 が絶滅

こんな声も聞きます。

「生きものがいなくても私たちの暮らしには関係ない。」
「化学が発展して食糧を大量に作れるシステムができるでしょ。」

そうでしょうか?

生態系のバランスが崩れると人間の暮らしに大きな影響が出てきます。
私たちの暮らしのこともありますが、そもそも地球にいきる仲間として本来ならばどうあるべきなのでしょうか。

私はこどもたちに虫取りなどの遊びをさせています。

生きものの豊かさを学び、命について考えられる土台をつくってほしいからです。

今はただの遊びかもしれませんが、いつしか地球全体のことに結びつきます。

こどもたちには自然や地球について考えるセンスを身に付けてほしいと考えています。

~P.S~
春になりましたので生きものたちが出てきます。
家族で自然の中に行くだけでも様々な生きものに出会えると思います。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

  1. お皿の修理
  2. 北欧の教育 家庭教育を学ぶ!
PAGE TOP