ピンチをチャンスにする箸

庭にあった南天の木を切って箸にしている長男。

小刀を使い細く削っていきます。

田舎にいくと「南天」が庭に生えていますが、なぜかって知っていますか?

南天は「難を転ずる」と考えられ、縁起が良いものなんです。

ですので、家の庭に生やしているんです。

そのことを長男に教えたら・・・ノコギリを持ち出し、自分で切って、削り始めました。

「ピンチをチャンスにするために、おとうの分も作るね!」と私の分まで。

この箸を使っていたら、苦しいことがあっても乗り越えられそうです。

何十年も前に植えたじいちゃん、ずっと育ってきた南天、加工してくれた長男にありがとう!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

  1. 北欧の教育 家庭教育を学ぶ!
  2. 教育
PAGE TOP