空き家 → 秘密基地つくり

じいちゃんが棟梁で、叔父も大工。二人が作った家の離れです。
残念ながら二人は他界してしまいました。

この離れをできるだけセルフリフォームで事務所作りをしています。

なんと色々と教えてくれる大工さんは、じいちゃんのお弟子さん。
自分の先代に感謝しながら、汗水流し手をかけています。

今や全国で空き家が800万戸に達するとも言われています。

人口減少の課題と共に社会問題の一つです。
しかしながら、このような空き家は「家庭たいけん教育」にウッテツケだと考えました。

「住」は生きるために必須です。

その住を楽しんで創ることこそ、生きるチカラに直結します。

どんな状況になっても、自分でも住まいを作れるんだというココロの支えがあれば強い。

また、やれば何とかなる・・・。という前向きなチャレンジ精神。

そして、解体すればするほど出てくる頭を抱える課題。

その場で決断しなくてはならない勇気。

空き家のセルフリフォームは、

上記のような「人生で必要な考え方」を、子どもたちに伝えられます。

また、空き家を教育に利用することは、様々な効果も発揮します。

・子どもの体験教育
・現地木材の利用(天井、壁は大分の杉・床はヒノキ)
・廃材はお風呂の薪になりエネルギーの循環となる

さらに、オモシロイことに近所の子たちも集まり、子どもたちの秘密基地を作り始めました。

大人のマネをし体験を拡げる子どもたち(笑)

じいちゃん、叔父、私、息子たちが手をかけながら暮らしを創る。

先代に感謝しながら、次に引継ぎ、生きていく。

足元にある豊かさを感じながら、常に生まれる課題に向き合い、暮らしの中で子どもたちに引き継いでいこうと思います。

空き家を「家庭たいけん教育」で生かしてみたいという方がいらしゃれば、いつでもご連絡くださいね!

相談にのります!

全国の空き家がタカラモノになる!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

  1. フジテレビ グッディ!
PAGE TOP