聞いてくれて、ありがとう。

こどもがいつも以上に話したがる時ってありませんか?

そんな時は質問などせずに真摯に聞きます。

何を言っているのかわからなくても聞くといいです。

一生懸命に目と耳と心で聞く。

ただそれだけ。

聞けば聞くほどこどもたちは満たされていきます。

昨今では様々な事件が起きています。

私たちが今すぐにでもできること。

それは目の前にいるこどもたちの話を聞いてあげることではないでしょうか。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

  1. 東洋経済オンライン
PAGE TOP