落としてお皿を割ったら大変。だから親がやる・・・。

食事の後のお片付けはお母さんだけの仕事?
いえいえ、こどもといっしょにやればいいのです。

もし、落としてお皿を割ったら大変。だから親がやる・・・。

その気持ちがこどもに通じています。こどもは任せてもらえないことを察し、自己否定を覚えていきます。

こどもに任せてみて、もし割れたら感情的に叱らないように気を付けましょう。

こどもは失敗することを恐れ、怒られるならチャレンジしない方がいいと考え始めます。

親は「お皿を割ったら次に気を付けようとする気持ちが芽生えるチャンス!」と余裕を持つくらいが良いでしょう。

失敗もホンモノ体験なのです。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

  1. 海遊び たいけん教育
PAGE TOP