「大人の背中」で伝えていくべきこともある

出張先での出来事です。おじいさんが痙攣を起こし倒れました。
すかさずレスキューをしました。命に別状もなく、私も一安心でした。

メディックファーストエイドジャパン(MFA)から手助けをしたことを評価され 『良き隣人賞』 をいただきました。

写真はその賞状をこどもたちが見ている様子です。

こどもたちにレスキューの状況を伝えた時、いつになく真剣に話を聞いていました。

こどもたちに「思いやり」を教えるのならば、大人が実行していくこと。

教育とは教え込むだけではなく、「大人の背中」で伝えていくべきこともあると思います。

私たち大人も育ち合いましょう!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

  1. お手伝い
PAGE TOP