「ふ」のススメ

不潔 不便 負担・・・ 「ふ」のススメ

「不」や「負」がつくとマイナスのイメージがあります。

私たち親はできるだけ「ふ」を排除したいと思うものです。

しかしながら、この「ふ」はこどもの成長に不可欠です。

「ふ」を体験することで【忍耐力】をつけることができます。
「ふ」は【心の安定】にもつながります。

例えば、最近のこどもたちに多いのは、汚いトイレで用を足せないこと。

あまりにも汚いのは衛生の問題もありますが、ある程度ならば、そこで用を足すくらいの図太さは必要です。

私たち大人があらゆるものに不安を抱き、衛生的にし過ぎることで、
こどもたちは、同じくあらゆるものに不安を抱くようになります。

キレイでなければ・・・という不安が増殖し、自らの行動を縛りつけてしまうこともあるのです。

ある意味、野外のキャンプ中くらい、NOGUSO(野糞と書くと直球すぎるので、スマートにローマ字にしてみました!)ができるくらいの図太さがある方が心が安定します。「気にしない・・大丈夫」という心境は強いのです。

「ふ」はマイナスではなく、こどもを強くするという前向きな考えも持ちましょう!

「ふ」はこどもの「富」となります!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

  1. 自然災害から学び家庭こういくに生かす
  2. 自然体験
PAGE TOP