こどもたちがすぐにできないのは当たり前。

親が料理を楽しんでいると、こどもが料理に興味を持ちました。
サンタさんから包丁をもらい、まずはキャベツを切っていました。

いつしか魚をさばきたくなり、下手くそながら何度もやってみました。

鍛冶屋さんから出刃包丁をプレゼントしてもらい、魚をさばくのも格段に上手になりました。

顔つきも変わり(笑)今では上手に「皮をはぐ」こともできるようになりました。

「こどもには無理」

無理と決めるのは私たち大人。
こどもたちがすぐにできないのは当たり前。

できる・できないの判断ではなく、「やりたい」というキモチをほめてやってほしいなと思います。

「やりたいの?いいねえ!そのチャレンジ精神!!」と言えば、チャレンジをする子になります。

誰でも最初は無理なこと。
「できない」から「できる」ようになる楽しみを教えてあげたいものです。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

  1. 教育
  2. 野菜づくり
  3. 家庭で地あたまの鍛え方
PAGE TOP